モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育は世界中で支持され、教育界に最も大きな影響を与えたイタリアの女性医師 マリア・モンテッソーリによって考案された教育法です。自らが選んだ活動を行う事で、集中力、自立心、知的好奇心 を育みます。英国王室のウィリアム王子やヘンリー王子、ビル・ゲイツや google 創始者の二人など各界の様々な著名人がモンテッソーリ教育を受けています。


モンテッソーリメソッドの特徴

自由に個別活動

子どもは、集団で同じことをするのではなく、一人ひとり自分の敏感期の活動に出会えるように、自由に個別活動を行います。自分で自分の活動を選び、自分のリズムで納得行くまで繰り返し活動します。

自発性を重んじる

どの子どもにもある知的好奇心が自発的に現われるよう、子どもに「自由な環境」を提供することを重要視します。

縦割りクラス

異年齢混合の縦割りクラスの中で、子ども達はお互いから学び合います。年下の子どもは年上の子どもの活動を見て学び、年上の子は年下の子に世話をすることや教えることで学びます。


モンテッソーリ教育の内容

【日常生活の練習】

子どもたちが最初に興味を持つ活動です。環境の中でたくさん目に触れているものです。全てが子どもサイズの本物で、美しい魅力ある教具が子どもたちに呼びかけています。"どうぞ、私をつかってください"と。

◎環境への配慮

物を運ぶ、洗濯、アイロンをかける、食卓を準備するなど洗練された指先に至る練習(縫う・切る・通す・分ける・ 貼る)

◎自己自身への配慮

衣服の着脱、手を洗う、歯を磨く、着衣枠(ボタン・ファスナー他)

◎社会への適応

挨拶の仕方、刃物の受け渡し、戸の開閉等

◎グループ活動による運動の分析と調整

静粛の練習、線上歩行等


【感覚教育】

教具・教材は美しく子どもサイズで、材質にはそれぞれ必要なこだわりを持ち、五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)を養い、具体的に理解できるようになっております。物の同一性を理解し識別する力を補います。


【言語教育】

2歳頃より6歳位までの子どもたちは、言語に対してとても敏感で大切な時期です。教具を通して、またゲームをしながら自然のうちに修得していきます。

  • ◎話し言葉をしっかり身に付ける
  • ◎書き言葉 母国語を正確に理解し表現する基礎能力を養う
  • ◎読む 日本語構造についての理解を身につける

【数教育】

量と数を一致させ、具体物から抽象化へと子どもの数学的頭脳の育成をします。


【文化】

音楽、絵画、地理、生命の歴史 他

© 2014-2019, Jardin de niños - montessori pre-school All Rights Reserved.