モンテッソーリ教育

ハルデン・ニーニョとは

「ハルデン・ニーニョ モンテッソーリプレスクール」は、東京都狛江市にあるプレスクール・幼児教室です。モンテッソーリ教育の理想とその実践を目指し、日々の保育に取り組んでおります。

「ハルデン・ニーニョ モンテッソーリプレスクール」の前身「ハルデン・ニーニョ モンテッソーリこどもの家」は、近藤小児科医院長、近藤高潔氏が、長きにわたり狛江市の子供たちの健康を見守るなか、「モンテッソーリ教育」こそが豊かな成長、発達に適しているとの思いから開園いたしました。 そして平成28年度より「ハルデン・ニーニョ モンテッソーリプレスクール」として新たにスタートいたしました。

古くから、3つ子の魂百までといわれてきましたように、幼児期の導き方が大切な事は言うまでもありません。子どもがどのような世界に住み、何に興味を抱き、何をしたがっているかを知ることが大切です。子どもは自らの手や身体を使って経験することによって、初めて物の性質や物と自分との関係を自ら発見し理解していきます。

モンテッソーリ教育は、イタリア初女性医師であり、教育者であったマリア・モンテッソーリ女史(1870〜1952)が長年の実践研究の結果創始した教育法です。現在まで世界各国にこの教育法が普及し、教育学、心理学、精神医学会において、その素晴らしさは再確認されています。子ども自らが自由に選んで学ぶ教具・教材を通して、それぞれの発達に応じた経験をしながら可能性を伸ばし、自立へを導いていきます。

そして、自立性に富み、協調性、社会性、独創性、秩序性のある子どもに育っていきます。

幼児教育について、情報過多の時代ですが、子どもが本来持っている才能を伸ばし、社会的理性のある成人に育てることこそ幼児教育の根幹と考え、モンテッソーリ教育がもっとも適していると考えました。

当園では、一対一の個別指導を根気よくいたしております。幼児教育は特にご両親の理解と協力が得られなければ決して成果があがるものではありません。ご家庭と園とお子様と三位一体となって手を携えていくことがよりよい教育につながることを信じております。

© 2014-2020, Jardin de niños - montessori pre-school All Rights Reserved.